宮島口の郷土料理は「小イワシ」がおすすめ!

宮島地域と言えば、「牡蠣(カキ)」「穴子(あなご)」が郷土料理の食材として有名ですが、他にもまだまだ多くの食材があります。

今回紹介するのは「小鰯(こいわし)」です。
瀬戸内海は穏やかな海域で、比較的小魚が多い地域です。
その中でも特に小さいのが「小イワシ(正式名称:カタクチイワシ)」です。

ちっちゃいので、「しごするんが大変!」と言われる魚ですが、
新鮮なうちに食べる刺身は格別です!
*ちなみに「しごする」は広島弁で「処理する・料理する」という意味で、地元の漁師さんが昔から「魚をしごする」って使います。

小いわしのお刺身

さて、話は戻って小イワシは手でお腹を開いて中骨、ハラワタを取ります。(この作業がけっこう大変なんです。。。)
その後に、水で何度も洗うことで特有の臭みが取れ、身が締まっていきます。
それを生姜醤油もしくはわさび醤油で食べるのがオススメです。

小いわし刺身2

小いわしの天ぷら

もうひとつおすすめなのが「小いわしの天ぷら」です!
こちらはおろし生姜を添えた天つゆで食べるのが昔ながらの食べ方ですが、レモン汁や塩で食べるのもオススメです。
小いわし天ぷら

宮島口周辺で小いわし料理が食べられるお店